スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2017.12.04 Monday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    チェーンとスプロケットを交換

    0
       ふだんあまりやらないのだけど、土曜日走って帰ってきたあとにチェーンを拭いていたら、広がっている駒を見つけた。



       最近変速が上手く決まらない原因のひとつだったかもしれない。なにより、走ってるさいちゅうに切れなくてよかったなと思う。本当に。
       以前一度チェーンが切れたことがあった。まるでヘビかウナギが逃げ出すように、するするすると自転車から滑り落ちた。
       チェーンが切れるとひどい絶望感だ。なにもできずに途方に暮れるしかない。どんなにクランクをまわしたって1センチたりとも進んでくれないのだから。
       そこは家を出て三百メートル。僕はわけもわからずそうするのが正しいかどうかの判断もつかないままチェーンを拾い上げ―― これがなかなかうまくつかめなくて苦労した――、自転車を下りて押して家に戻った。

      それから僕は念のためパンク修理キットのなかにコネクトピンを持つようになった。携帯ツールのなかにはチェーン切りが入っているものを選んだ。

      ***


       土曜日の夜にあわてて注文し、月曜日に届いた。



       どれだけ換えていなかっただろう、スプロケットなんかやけに値段が上がった気がする。おおよそ五千円。チェーンは探せばそれほどでもない。二千円台で見つかる。
       僕の自転車についている105は5600系で10速、もう105の10速バーツは手に入らないみたいだ。結果、チェーンはアルテグラにした。そしてスプロケットは――その値段の高さに口を開けてばかりだったけど―― テイアグラの並行輸入品を見つけた。これが二千円台。
       加えて、KMCのミッシングリンク。チェーンを手でつないだり外したりすることのできる駒だ。
       むかし使っていたことがある。それはチェーンを外して洗うことが目的だった。でもそれも面倒で、チェーンは洗剤をかけてタワシニ個で挟んでぐるぐるまわせば充分きれいになるとやり方を変えてからはチェーンを手で切る必要もなくなったのでふつうにコネクトピンでつなぐようになった。
       今回ミッシングリンクを頼んだのは、出先で万が一チェーンが切れてしまったときに、これがあれば仮にチェーン切りでコネクトピンをはめ込むことができなくてもなんとかなるだろうと思ったから。もちろん、そうするためには外側の駒をひとつ外す必要があるから、チェーン切り自体は必要だけどね。



       ミッシングリンクは二個入り。ひとつをチェーンの結合に使い、もうひとつをサドルバッグのパンク修理キットのなかに入れておくことにした。

      スポンサーサイト

      0
        • 2017.12.04 Monday
        • -
        • 23:24
        • -
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        コメントする








           

        PR

        calendar

        S M T W T F S
              1
        2345678
        9101112131415
        16171819202122
        23242526272829
        3031     
        << December 2018 >>

        selected entries

        categories

        archives

        recent comment

        profile

        search this site.

        others

        mobile

        qrcode

        powered

        無料ブログ作成サービス JUGEM