スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2017.12.04 Monday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    ハブナットレンチ17ミリ

    0
       僕は自転車に対してパーツやコンポを換えていくことをするほうではないので、今つけているホイールももともとの完成車時代からついているシマノの最も安いものだ。
       シマノはコダワリなのかどのモデルもハブがカップ&コーン式。したがって定期的にばらしてグリースアップしないとならない。
       僕のようにメンテナンスに手をかけない人間にとって、こういったことは面倒なだし、放置したうえ壊してしまうということになりかねない。アスリートのように一秒を争うような世界とは対極にいるし、きちんと走れば気にしないから(この「きちんと」のレベルが、あるいはきちんとに対する感覚が問題なのかもしれないが)、状況を知ったときには壊れていました、というパーツはあまりうれしくない。
       前回いつグリースアップしたかまったく記憶がない。2年? 3年? ──本当にそんなレベル。



      (とりあえずばらしてみた)


       さてシマノのハブは17ミリのナットを使用しているが、一般的に売られているハブナットレンチは14ミリから16ミリくらいが多くて、セットエ具に含まれているのもこれが多い。
       僕もはじめ、ハブをばらそうとしたときにはまるハブナットレンチがなくてあわてて探しに行った。ぱっと17ミリなんて見つからなくて、たまたまどこかの百均でみつけた薄手の17ミリレンチを急いで買ってきた(もちろんハブ用ではない)。それ以来なんだか買いそびれて、この百均の17ミリとモンキースパナでいつもやってしまう。
       使いづらくはあるものの、ずっと使い続けているということは使えないことはないということだ。


      (百均で買った17ミリ。決して使いやすくはないけどずっと使っている)


       その2年だか3年だかぶりのハブのグリースアップは、玉当たり調整の感覚を全く忘れてしまっていて、えらく時間がかかってしまった。おまけにリムの振れまで見つけたものだからこれも直したり。
       結果的にかかった時間と奪われた体力でうんざりして、シールドベアリングのホイールが欲しいな、などと思いはじめてしまうという……。
       ──もちろん、メンテナンスフリーという目的でね。

      スポンサーサイト

      0
        • 2017.12.04 Monday
        • -
        • 00:08
        • -
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        コメントする








           

        PR

        calendar

        S M T W T F S
              1
        2345678
        9101112131415
        16171819202122
        23242526272829
        30      
        << June 2019 >>

        selected entries

        categories

        archives

        recent comment

        profile

        search this site.

        others

        mobile

        qrcode

        powered

        無料ブログ作成サービス JUGEM