スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2017.12.04 Monday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    トンネルを楽しみたい

    0
       トンネルって、地図で見ていると魅力的だ。

       しかしながらトンネルってやつは意外と退屈で、たとえば上越に向かう下り線の新清水トンネル、トンネル内の湯檜曽駅や土合駅に止まっているときはその物珍しさもあるから楽しんでいるけれど、それから土樽に向かうあいだはたいして楽しくもない。窓の外を眺めていても何があるわけでなし、じゃあかわりに何をするのだということもない。
       まして自転車ともなればトンネルは目の敵だ。怖い、危ない──。僕だってサイクリングに出かけるとき、できる限リコースに組み入れないようにする。
       この前、小田原から真鶴岬へ出かけたとき、さらに伊豆半島の伊東まで走った。国道135号は坂道とトンネルの連続で、おまけに夏の行楽シーズンで交通量も多かった。熱海をすぎて最初に現れる錦ヶ浦トンネルから先、何度もトンネルが現れる。新しく造られたトンネルもなかにはあるが、古くからあるトンネルは暗く、路面も荒れ、何より路肩がほとんどない。道幅が狭くて対向車も多ければ、後ろにつながった車は下手をすると出口まで自転車の速度に付き合わされることになる。こちらとしてもびちっと繋がった後続の車列を感じれば、気持ちのいいもんじゃない。
       伊豆はまだいい。名にしおう国道20号の笹子トンネルや国道17号の三国トンネルなど、通りぬけるプランを考えられない。

       それでも、地図でトンネルを見つけるとなぜか、通ってみたいという気持ちになる。
       おそらくだけど、トンネルってその前後のまるで違う世界感が魅力なのだと思う。文豪・川端康成が上越線、清水トンネルを越えて感じたように──あのころは上越線の下りはまだ清水トンネルだったんだ──、その入るまえと出たあと、差を感じられることと、ここを越えてきたという実感を得られるからじやないか、なんて思う。

       車がやって来ることがない、自転車でのんびりと安心して越えられるトンネルならきっと楽しめるんだろうね。


      (御坂トンネル)



      (笹子トンネル)



      (天城トンネル)



      (八丁トンネル)



      (八丁トンネル地図)



      スポンサーサイト

      0
        • 2017.12.04 Monday
        • -
        • 10:42
        • -
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        コメントする








           

        PR

        calendar

        S M T W T F S
          12345
        6789101112
        13141516171819
        20212223242526
        2728293031  
        << January 2019 >>

        selected entries

        categories

        archives

        recent comment

        profile

        search this site.

        others

        mobile

        qrcode

        powered

        無料ブログ作成サービス JUGEM