スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2017.12.04 Monday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    都下を自転車散策、足湯ヘ

    0
       自転車で走るということにそれほど興味を持っていなかったのだろう、車で走っても狭くて走りづらい場所だと思っていたから──それは今も──、いざ走ろうと案を練り始めたとき、あまりにこの一帯の土地勘がないことに気づいた。
       西武線が北から二本、中央線、その南に京王線という鉄道路線と、新青梅街道と青梅街道、その南に甲州街道という道路しか頭に入っていない。それを縦につなぐ道路は、環七、環八を過ぎるとその外側にまったくの知見がない。小金井街道とか府中街道とかあったっけ? それは縦筋の道路なのかな。──そんなレベルだ。

       だから僕が調布にいて、走る道路が品川通りと言われるともう何が何やらわからない。でもこの道が西へ向かう道なのだろうと進んでいく。
       品川通りはかつての品川道を現代に置き換えた道、古道は府中の大國魂神社から多摩川の河口六郷付近へ向かっていた道だとか。現代は経路も変わり府中から調布へ。東端はつつじヶ丘あたりで途切れているという。
       僕がこの品川通リヘやって来たのは、自転車では走りにくい道ばかりの他の都下道路に比べて走りやすいと聞いたから。じっさいそうだった。それは知られた事実なのか、多くの自転車乗りとすれ違った。もちろん知らないからもしかしたら青梅街道や甲州街道だってすれ違うのかもしれないけど。

       ミニストップのイートイン・スペースで休息を取ったあと、再び品川通りを進み、府中に近づいたあたりで中央自動車道沿いの側道に移った。
       右手に、大きな東京競馬場があらわれた。
       はじめて訪れた場所、はじめて見る競馬場で写真を撮っていると人が絶え間なくやってくる。これから競馬観戦だろうか。どこからか、多くは自転車でやって来る。自転車を駐輪スペースに止めて入り口に消えて行った。
       ここへきてはたと気づくのは「ビールエ場」だ。ユーミンの歌だ。
       高速道路の左側へ移って進み、南武線のアンダーパスをくぐると、なるほどサントリーの工場の目の前に出た。



      (続々と人が現れる東京競馬場)


      (おそらくここは裏門じゃないかと思う)


      (サントリーのビールエ場


       今日は、武蔵五日市を目指そうと走っていた。
       武蔵五日市という場所も車で通過したことがある程度で馴染みはないし、加えて帰路の輪行で今まで乗ったことのなかったJR五日市線に初乗車できるのも楽しみだった。
       中央自動車道が多摩川の向こうへ消えてしまうまで高速道路の側道を行った。走りやすい道だと思った。高速道路の高架がうまい具合に日陰を作ってくれて暑くもない。片側の景色が奪われてしまうので走って楽しい道とは言い難いけど、東京の場合、走りやすいだけでもありがたいのかもしれない。
       高速道路沿いから離れてそのまま進んで行くと、渋滞の最後尾になった。自転車も含めなかなか進むことができない。あとで調べると日野橋の交差点らしい。僕は立川へ向かうため、国立の街なかへ分け入った。静かな住宅街だった。
       やがていつの間にかずいぶん都市化された風景のなかに僕はいた。
       立川の駅近くだった。
       ビルのあいだ、道路の上の高いところをモノレールが通っていく。その高さが、そそり立つビルの高さと相まって空をひどく狭くしている。歩車分離信号の交差点はスクランブルの横断歩道、その上をそれぞれの方向に人が歩いていく。信号が変わっても人は交差点内にだらだらと残り、車がゆるゆると人を避けながら発進する。モノレールが音もなく上空を通過する。信号待ちをしながら目に映るその光景が、僕には近未来の都市を思わせた。それは東京や新宿といった場所よりも強く感じさせる。こことか、千葉とか──。
       立川から拝島に抜け、睦橋でいよいよ多摩川を渡る。ここまで来るとずいぶん遠くまでやって来た気がした。


      (睦橋からの広い風景)


      (山も近づいて見えてきた)


       坂の途中のマクドナルドで小休止して、少し走るとJR五日市線の終着、武蔵五日市駅に着いた。高架の線路に大きな駅舎──というか、高架下の大きなスペースに作られた駅舎だ──、その前に広がる広いロータリー。
       東京都であるのに「来たな」感があった。馴染みのない路線、その終着駅にはどこにだって魅力がある。ここだってそうだ。頭上高く、延びてきた線路はここで途切れている。

       僕は自転車を置き、階段を上がって駅構内へ入ってみた。コンビニのニューデイズ、並ぶ自動改札機があって首都圏の大きな駅と変わらない装いだけど、ひと気はなく静かだった。電光掲示板には発車案内が掲示されている。30分おき、拝島までの電車が運転されているようだ。

       ロータリーに戻ると、電車が着いたようで駅の階段からたくさん人が出てきた。夏のさなかのような恰好の若者が多い。彼らは大きなクーラーボックスや、スーパーの買い物カゴかあるいは洗濯カゴにも見えるような荷物、ビーチパラソルやレジャーテーブルを持っている人もいた。──バーベキュー? ロータリーで仲間の車に合流したりしている。
       僕はこの少し奥にある温泉施設に行ってみることにした。およそ5キロくらい、お昼も食べていないから食事もできるといい。僕は再び自転車に乗り、線路の終わった先へと道を進んだ。道は五日市街道から檜原街道に名前を変えた。


      (マクドナルドで休憩)


      (五日市線の終点、武蔵五日市駅)


       武蔵五日市の駅から5キロ前後、瀬音の湯という温泉施設に着いた。
       途中、下ってくる自転車に何台もすれ違った。彼ら彼女たちはこの檜原街道のさらに上にある都民の森なんかに行くのだ。下ってきているということは、上ってそして帰ってきたということだ。

       瀬音の湯は日帰り温泉施設ながら、宿泊用のコテージを備えた、気軽に利用できそうな温泉リゾートだった。奥にはレストランもあって僕はここで食事をとることにした。レストランには大きな窓があり、その外には緑が広がっている。緑のなかには散策路があり、人が行き来する。散策路からは谷へ深く、秋川の河原まで下りられる道もつけられているよう。そんな窓の外を眺めながら僕はそばを食ベた。
       敷地内には足湯もあり、無料だった。僕は靴下を脱ぎ足湯に浸かってみた。気温の上がった暑い日ではあったけど、湯に浸かるのは心地よかった。ときおり涼しい風が駆け抜け、蝉だろうか虫の声や鳥のさえずりなんかが聞こえてくる。ここは東京都だ。


      (瀬音の湯のそば)



      (足湯でくつろぐ)


       くつろいだ身体に満足した僕は、ふたたび5キロばかりの道を下り武蔵五日市駅へ戻ってきた。相変わらず電車のやって来るまでの駅前──30分に一本という間隔は変わらないようだった──はのどかだった。僕はここから輪行する。


      (深い秋川の谷)


      (ふたたび武蔵五日市駅へ)


      スポンサーサイト

      0
        • 2017.12.04 Monday
        • -
        • 22:24
        • -
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        コメントする








           

        PR

        calendar

        S M T W T F S
          12345
        6789101112
        13141516171819
        20212223242526
        2728293031  
        << January 2019 >>

        selected entries

        categories

        archives

        recent comment

        profile

        search this site.

        others

        mobile

        qrcode

        powered

        無料ブログ作成サービス JUGEM