スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2017.12.04 Monday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    海風サイクリング ―湘南海岸―(2016.6.11)

    0
       まず湘南と言われると特別な場所なのだ。だいたい、海だし。
       海なし県の埼玉に住んでいると海と言うだけでそれはそれは特別な場所だし、そこに湘南ブランドがかぶさることでハイソな、気取ったイメージが確立される。だいたいそんな場所に行っても混んでるし、と皮肉めいた思いまでも背中合わせに湧いてくる。
       そういう気持ちがこころのなかに霞のように立ち込めているのだろうか。考えてみたら僕はこのあたりをあまり走ったことない。2回、3回──。4回あったかどうか怪しいところだ。

       国道134号はどうせ海なんて見えないし──それは車で通る機会に知った。でもまあ走ってみるのもいいかとこの日は考えていた。
       辻堂から南下し鵠沼海岸に向かった。日差しは夏の色を帯びているけれどそれほど暑くない。引地川に沿って、国道134号松波の交差点に出た。
       湘南茅ヶ崎サイクリングロード、の文字。
       鵠沼から茅ヶ崎まで海岸線をつないでいるらしい。早速興味が湧いた。僕は国道134号を横切った。

       道は大半がビーチクルーザーと呼ばれる自転車が往来し、みなサーフボード用のキャリアをつけていた。あとはバーベキューの道具を持って横切る人々。ここは海岸に沿ってつけられたおまけの舗装路と言った印象。砂に埋まっている箇所も多かった。
       それでも人の多い海岸を過ぎれば道は空いて、そのまま茅ヶ崎まで走り通した。
       海とときおり正面に望む富士山、僕にとってはぜいたくな風景だった。


      (湘南茅ヶ崎自転車道、ここはかなり空いている場所)


      (江の島)


      (烏帽子岩)


      (Cのオブジェ)


       茅ヶ崎から僕は北上し、寒川神社を訪ねてみた。
       相模国一宮。


      (寒川神社)


       途中、廃線跡のようなものを横切ったけど、相模線の寒川支線かな。横切るまでその存在を忘れていた。

      スポンサーサイト

      0
        • 2017.12.04 Monday
        • -
        • 22:15
        • -
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        コメントする








           

        PR

        calendar

        S M T W T F S
              1
        2345678
        9101112131415
        16171819202122
        23242526272829
        30      
        << June 2019 >>

        selected entries

        categories

        archives

        recent comment

        profile

        search this site.

        others

        mobile

        qrcode

        powered

        無料ブログ作成サービス JUGEM