スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2017.12.04 Monday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    内蔵ケーブルの交換に

    0
       エンドの曲がりを修正したのち、やっぱり変速不良が直らなかったり万が一パキッと折れてしまったときのために、自転車屋でディレーラー・ハンガーを取り寄せておいてもらった。
       そのときに微妙な変速不良の話をしていて、僕の自転車の変速具合を見て
      「ケーブルを交換してみるのはありですね」
       という話になった。僕もやっぱりそうですよねぇと言うものの、どうしても前向きになれない。
       僕の自転車は最近の自転車のお仲間に入れてもらっているのか、シフトケーブル、ブレーキケーブルともフレーム内蔵になっている。前回これを交換したときに今じゃ思い起こしたくないほどの苦労をしたのだ。新しいケーブルをフレームに通し、手先に伝わる感覚でツンツンっと出口を探す。内視鏡かはたまたカテーテルか、いやそれよりもひどい。見えない出口をただ手さぐりで探すのだから……。結局、数時間かかった。
      「ライナー管っていうのがあるんですよ」
       薄いPPでできた管はアウターケーブルよりも細く、それがフレーム内蔵の区間に通せるようになっている。古いインナーケーブルを抜く前に、インナーケーブルにかぶせてフレーム内蔵部に通し、通しきった状態でライナー管だけを残してインナーケーブルを引き抜くのだそうだ。
       新しいケーブルはライナー管のなかを通せばいい。
       いまはそんなものがあるんだなあ。ありがたい。
       そんなわけでインナーケーブルとアウターケーブル、ライナー管も注文した。
       とはいえ、それなりに時間も必要だから、そのうちに。


      (インナー、アウターのケーブルと、ライナー管)

      スポンサーサイト

      0
        • 2017.12.04 Monday
        • -
        • 23:36
        • -
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        コメントする








           

        PR

        calendar

        S M T W T F S
             12
        3456789
        10111213141516
        17181920212223
        24252627282930
        31      
        << March 2019 >>

        selected entries

        categories

        archives

        recent comment

        profile

        search this site.

        others

        mobile

        qrcode

        powered

        無料ブログ作成サービス JUGEM